スロット 目押し上達方法

目押しの重要性について説明していきます

機械割のページにも書いたように目押しが失敗するたびに

払い出しが減っていき機械割が下がり最終的に収支に大きく影響していきます

 

ここで説明するのは初心者向けです

目押しが苦手な人にコツなどを紹介していきます

目押しのコツ その1

 

・リール配置

 

・大きい図柄

 

・特殊役の配置

まず完全ではなくてもいいのである程度の

リール配置を覚えてください

 

次に大きな図柄(ボーナス図柄など)を中心として

その付近に狙いたい特殊役がどのように

配置してあるか覚えましょう!!


スロットリール配置

 

ボーナス図柄・・・赤7 白7 黒バー

特殊役・・・チェリー スイカ

 

この機種の場合、特殊役を取りこぼさないためには

一番初めに左リールに12番の黒バーを狙います

 

取りこぼす可能性のあるチェリーとスイカ

下についています

 

黒バーを狙いスイカが左リールに止まれば

中リールに黒バーを目安にしスイカを狙います 

右リールに赤or白7を目安にしてスイカを狙います

 


目押しのコツ その2

 

・タイミング

 

・慣れ

 

・知識

タイミングを覚えましょう、かなり大事です

とは言っても、ある程度打ち込んでないと

身に付きませんね、こればっかりは慣れです!! 

 

タイミングを覚えたら自分が打ちたい台は一番初めに

何を狙ったらいいのか調べましょう、機種によって一番初めに狙わないといけない図柄が違ってきます


ある程度理解できましたか?目押しのコツを

 

目押しができなくてもスロットを打てないわけではありませんが

最低でもボーナスぐらいは目押しできる様になりましょう

 

ジャグラーなどでお爺ちゃんやお婆ちゃんがボーナス確定後

揃えることができずに定員に目押ししてもらってるのを見かけますが

法律が変わって定員が目押しをすることはできなくなりました

 

なので目押しができないと自然に揃ってくれるまで回さないといけない事に

なります、これじゃ設定はいってても多分勝てないです・・・

ロゴ マクロスフロンティア
人気曲特集
内職